高校2年FTコース生対象の滋賀医科大学連携「第1回医療基礎セミナー」が実施されました

2022.8.2

7/26(火)、滋賀医科大学にて、高校2年FTコース生を対象とした「第1回医療基礎セミナー」が実施されました。

記念すべき第1回講座のテーマは「免疫細胞が病原体を認識する仕組み」について。

滋賀医科大学 生化学・分子生物学講座(分子生理化学)教授の縣 保年先生より講演をいただき、「PD-1抗体療法」や「T-iPS細胞」など、最新のがん免疫療法について、懇切丁寧かつ熱心な講義が展開されました。
難解かつ高度な内容も含まれていたように見受けられましたが、講義の後に設けられた質疑応答の時間では、自分なりの問いを教授に質問し、考えを深めようとする生徒の姿が印象的でした。医学・医療系への進学を志す生徒も、他学部への進学を考えている生徒も、非常に刺激的で有意義な時間を過ごせていたように思います。
次回は8/23(火)、「炎症と病気」「解剖学・組織学」をテーマとした講義が同大学にて実施される予定です。